学ぶ(刊行物など)

枚方市内の公共施設などに配布して人権啓発

連続講座「生きること」啓発冊子

連続講座「生きること」で実施した講座を冊子として編集し、市内の公共施設などに配布し、啓発冊子として活用しています。
 2018年(平成30年)9月に開催しました連続講座「生きることの」の記録冊子ができあがりましたので、是非ご覧ください。
 また、冊子内容をPDFファイルでもご覧いただけます。

【記録冊子の内容】
1.表紙、はじめに、目次(PDFファイル1MB)

2.第1回講座(PDFファイル795KB)「人工呼吸器があってもみんなと一緒に!〜支援者と地域で暮らす」バクバクの会〜人工呼吸器とともに生きる〜関西支部幹事 新居真理さん

3.第2回講座(PDFファイル703KB)「ひきこもりだった。でも、だからこそ感じられたことやできたことがあった。」NPOみんなの未来かいたく団 代表理事 児島一平さん

4.第3回講座(PDFファイル793KB)「閉じ込められた命〜私の母はハンセン病でした」 ハンセン病家族訴訟原告団 副団長 黄光男さん

5.第4回講座(PDFファイル695KB)「食べることは、生きること〜拒食症だった私が、旅するおむすび屋を始めた理由」CAMPFIRE FOOD・LOCAL担当 菅本香菜さん

6.開催記録(PDFファイル7MB)



 
ikirusassi20172018.jpg
連続講座「生きること」啓発冊子 2017年版(左)、2018年版(右


 

北河内人権啓発推進協議会が配布する啓発冊子

北河内人権啓発推進協議会は、人権問題の啓発に関する事業などを積極的に推進し、北河内7市(守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、大東市、四條畷市、交野市)の市民の人権意識の高揚を図ることを目的に設立されました。毎年、人権に関する冊子を配布し、人権尊重の視点を身につけ、差別や偏見のない社会を築いていくものです。
□2016年度配布 「障害者差別解消法」を知ろう!みんながともに暮らすための心づかいハンドブック
□2017年度配布 子どものためのスマホ・ネットのトラブル解決BOOK


 
20171124180352.jpg